Skip to content

#57−2(AIが書いた台本)

(冒頭は#25−1の前枠の文字起こしをそのまま引用しています)

佐藤「3」

根岸「2」

佐藤「1」

根岸「ドン」

佐藤「ドドドドド!!!ドドドドド!!!」

根岸「ドドド!!!ドン!!!ドンドン!!!!」

佐藤「カチャ、ブーン!!!カチャ、ブーーン!」

根岸「ドン!!ドン!!!!」

佐藤「ボワォン!!!ボワォン!!!」

根岸「ドン!!イドン!!!!いてえ!!!」

佐藤「バズーカ、ボガアアァァン!!!」

根岸「シューーーーードドドドドドド!!!!!」

佐藤「ドルルルルルルルル!!!!!ブルルルルルルル!!!」

根岸「カチャ、ガシ、ボガ」

佐藤「ブルルルルルルルル!!!!!ブルルルルルルル!!!」

根岸「カチャ、ボガンボワンボワンワン!!!!」

佐藤「ィーーーーードオオオオン!ピーーーーードォォォオオンン!!!!!」

佐藤「ピィーーーーードオオオオン!!!!!!ピィィィィーーーーードォォォオオンン!!!!!」

▼ここからAI▼

根岸「ドォオオオーーンドゴオオオン!!」

佐藤「パオーン!!パオーン!!」

根岸「ボガーン!!ボガーン!!」

佐藤「パオーン!!パオーン!!」

根岸「ドゴゴゴゴゴーーーン!!」

佐藤「ズドーン!!」

根岸「ブゥウウンン…………」

佐藤「ブゥウーーン………………(フェードアウト)」

佐藤「皆さんこんにちは、今日はよろしくお願いします。」

根岸「どうも、根岸です。よろしくお願いいたしま~す。」

佐藤「さて始まりました、この放送はですね、我々二人がだらだらと喋るだけのラジオです。」

根岸「そうです。」

佐藤「今日はですね、我々の大先輩である『ものぐさ録音会』さんにお越し頂きまして、我々はその方々の話をひたすら聞くという企画になっております。」

根岸「はい。」

佐藤「いやぁ~、実はね、私もまだ会った事ないんですよ。」

根岸「そうなんですか?」

佐藤「そうですよ。だって、この録音会は僕が生まれる前に作られたグループでして、もう50年以上前からあるんですよ。」

根岸「へぇ~。そんな昔からあるんですねぇ。」

佐藤「凄く歴史があるんでしょうね。」

根岸「でしょうね。」

佐藤「それでは、早速ですけど始めましょうかね。えっとぉ、『ものぐさ録音会の人たちの話を聞くぞ!!』のコーナーです。」

根岸「はい。」

佐藤「今回聞いていく方はこちらの方たちです。」

(効果音)パチパチパチパチ・・・(拍手の音)

佐藤「まず一人目はこちらの方です。」

(効果音)パチパチパチパチ・・・(拍手の音)

佐藤「この人はですね、北海道出身の34歳の男性なんですが、なんとですね、この人結婚しているんですよ。」

根岸「えっ!?」

佐藤「奥様がいるんですってよ、旦那さん。」

根岸「ええええぇぇぇえ~!?」

佐藤「そしてですね、奥様に子供もいるらしいんですよ。」

根岸「うそぉおおおおおお!?」

佐藤「ちょっと信じられませんよね。」

根岸「信じたくないです。」

佐藤「でも事実なんだから仕方がないじゃないですか。」

根岸「そうですけど……。」

佐藤「まあ、とりあえず聞きましょうか。」

根岸「そうしましょうか。」

佐藤「はい、じゃあ次のコーナーに行きたいと思います。『根岸くんの今日の一言』のコーナーです。」

根岸「はい。」

佐藤「今回のゲストは北海道出身の34歳独身男性の根岸君です。」

根岸「はい。」

佐藤「それでは、まずこのコーナーの説明をしたいと思うのですが、いいでしょうか?」

根岸「はい。」

佐藤「ありがとうございます。このコーナーはその名の通り、リスナーさんからのメッセージを読み上げていくコーナーですが、今回は特別に、このコーナー用のメッセージを募集したんですよ。」

根岸「へぇ~。」

佐藤「それで、沢山の人からメッセージが来たわけですが、その中から厳選したものをいくつか選ばせてもらいました。」

根岸「ほほう。」

佐藤「それでは読んでいきたいと思います。えー、ラジオネーム『もずく酢』さんよりいただきました。」

根岸「えー、『こんばんは、いつも楽しく聞かせていただいております。』」

佐藤「はい、どうも、こんにちは。」

根岸「『私は最近失恋しました。相手は同じ職場の先輩で、とても素敵な人でしたが、ある日突然別れを切り出されました。理由はわかりませんでした。ただ、彼女の顔には涙のあとがありました。私はまだ好きだったので、理由を知りたかったのですが教えてくれませんでした。』」

佐藤「はい。」

根岸「『私は彼女が泣いている姿を見た事がありません。彼女はいつも笑顔で、周りからも好かれていました。しかし、先日彼女と偶然街で会い、一緒に食事をすることになりました。その時に彼女に好きな人が出来たと言われてしまいました。もちろん私は否定しました。でも、彼女を信じる事が出来なくて、結局何も言えず、そのまま食事を終えてしまいました。その時に彼女から言われた言葉を思い出して寝れない夜を過ごしています。本当に辛いです。』」

佐藤「そうですね、辛かったですね。」

根岸「はい。」

佐藤「続きを読みますね。『あの時ちゃんと話していればこんな事にはならなかったのかなって毎日後悔しています。もう遅いかもしれませんが、もしまた会えたらその時はちゃんと話したいなと思っています。』」

根岸「そうなりますよね。」

佐藤「はい。」

根岸「やっぱり、別れた後は辛いですよねぇ。」

佐藤「そうですね。」

根岸「うんうん。」

佐藤「はい、じゃあ次行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、続いてラジオネーム『猫大好き』さんよりいただきました。」

根岸「はい。」

佐藤「『僕は犬が嫌いです。特に小型犬なんて最悪です。あんなに可愛い顔をしていても、性格が悪い奴ばっかりで腹が立ちます。例えばうちの近所の野良犬なんかがそうです。』」

根岸「あぁ、あれはねぇ……。」

佐藤「『僕が散歩をしていると、必ず僕の足下に来ておすわりをして、何か言いたげな目で見つめてきやがるんです。最初は何をして欲しいんだろうと思いながら撫でていると、だんだん尻尾を振り始めて、しまいにはゴロンゴロンと転がってきます。もう何が何だかわかんないです。可愛くないです。ほんっとに可愛くないです。』」

根岸「あぁ、あいつね。」

佐藤「はい、そうなんです。」

根岸「まあまあ、落ち着きましょうよ。」

佐藤「落ち着けるか!」

根岸「まあまあ、落ち着いてくださいよ。」

佐藤「はい、じゃあ、とりあえず読み続けますね。『そんな事をしているうちに、いつの間にか大型犬になっていました。今では中型くらいの大きさになりました。それでもまだ小型犬ですけど。』」

根岸「ふぅん。」

佐藤「『今度、飼い主と一緒に歩いていたところを見たのですが、とても幸せそうにしていました。それを見ていると、少しだけイラっとしてきました。別に羨ましいとか思ってないし、嫉妬してるわけでもないですけど、なんかムカつきました。』」

根岸「あぁ、それはちょっとわかる気がするなぁ。」

佐藤「はい、そうですか?まあ、とりあえず次のコーナーに行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、次のコーナーはこちらです。『佐藤くんの今日の一言』のコーナーです。」根岸「はい。」

佐藤「このコーナーではリスナーさんからのメッセージを読み上げて、それに対して私が一言コメントをするコーナーです。」

根岸「ほほう。」

佐藤「今回募集したメッセージの中からいくつか選ばせてもらいました。それでは早速読んでいきたいと思います。えー、ラジオネーム『ぼっち』さんよりいただきました。」

根岸「ほほう。」

佐藤「『こんばんは、いつも楽しく聞かせていただいております。』」

根岸「はい、どうもこんにちは。」

佐藤「『私は最近失恋しました。相手は同じ職場の後輩で、とても綺麗な子でしたが、ある日突然別れを切り出されました。理由はわかりませんでしたが、彼女の顔には涙のあとがありました。私はまだ好きだったので、理由を聞きたかったのですが教えてくれませんでした。』」

根岸「なるほど。」

佐藤「『私は彼女が泣いている姿を見た事がありません。いつも笑顔で、周りからも好かれています。しかし、先日彼女と偶然街で会い、一緒に食事をする事になりました。その時に彼女に好きな人が出来たと言われてしまいました。もちろん私は否定しましたが、彼女を信じる事が出来なくて、結局何も言えず、食事を終えてしまいました。その時に彼女から言われた言葉を思い出して寝れない夜を過ごしています。本当に辛いです。』」

根岸「そうですね。」

佐藤「続きを読みますね。『あの時ちゃんと話していればこんな事にはならなかったのかなって毎日後悔しています。もう遅いかもしれませんが、また会えたらその時はちゃんと話したいなと思っています。』」

根岸「そうなりますよね。」

佐藤「はい。」

根岸「やっぱり、別れた後は辛いですよねぇ。」

佐藤「そうですね。」

根岸「うんうん。」

佐藤「はい、じゃあ次行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、続いてラジオネーム『猫大好き』さんよりいただきました。」

根岸「はい。」

佐藤「『僕は犬が嫌いです。特に小型犬なんて最悪です。あんなに可愛い顔をしていても、性格が悪い奴ばっかりで腹が立ちます。例えばうちの近所の野良犬なんかがそうです。』」

根岸「あぁ、あれはねぇ……。」

佐藤「『僕が散歩をしていると、必ず僕の足下に来ておすわりをして、何か言いたげな目で見つめてきやがるんです。最初は何をして欲しいんだろうと思いながら撫でていると、だんだん尻尾を振り始めて、しまいにはゴロンゴロンと転がってきます。もう何が何だかわかんないです。可愛くないです。ほんっとに可愛くないです。』」

根岸「あぁ、あいつね。」

佐藤「はい、そうなんです。」

根岸「まあまあ、落ち着きましょうよ。」

佐藤「落ち着けるか!」

根岸「まあまあ、落ち着いてくださいよ。」

佐藤「はい、じゃあ、とりあえず読み続けますね。『そんな事をしているうちに、いつの間にか大型犬になっていました。今では中型くらいの大きさになりました。それでもまだ中型くらいの大きさですけど。』」

根岸「ふぅん。」

佐藤「『今度、飼い主と一緒に歩いていたところを見たのですが、とても幸せそうにしていました。それを見ていると、少しだけイラっとしてきました。別に羨ましいとか思ってないし、嫉妬してるわけでもないですけど、なんかムカつきました。』」

根岸「あぁ、それはちょっとわかる気がするなぁ。」

佐藤「はい、そうですか?まあ、とりあえず次のコーナーに行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、次のコーナーはこちらです。『佐藤くんの今日の一言』のコーナーです。」根岸「はい。」

佐藤「このコーナーではリスナーさんからのメッセージを読み上げて、それに対して私が一言コメントをするコーナーです。」根岸「ほほう。」

佐藤「今回募集したメッセージの中からいくつか選ばせてもらいました。それでは早速読んでいきたいと思います。えー、ラジオネーム『ぼっち』さんよりいただきました。」

根岸「ほほう。」

佐藤「『こんばんは、いつも楽しく聞かせていただいております。』」

根岸「はい、どうもこんにちは。」

佐藤「『私は最近失恋しました。相手は同じ職場の後輩で、とても綺麗な子でしたが、ある日突然別れを切り出されました。理由はわかりませんでしたが、彼女の顔には涙のあとがありました。私はまだ好きだったので、理由を聞きたかったのですが教えてくれませんでした。』」

根岸「なるほど。」

佐藤「『私は彼女が泣いている姿を見た事がありません。いつも笑顔で、周りからも好かれています。しかし、先日彼女と偶然街で会い、一緒に食事をする事になりました。その時に彼女に好きな人が出来たと言われてしまいました。もちろん私は否定しましたが、彼女を信じる事が出来なくて、結局何も言えませんでした。その時に彼女から言われた言葉を思い出して寝れない夜を過ごしています。本当に辛いです。』」

根岸「そうですね。」

佐藤「続きを読みますね。『あの時ちゃんと話していればこんな事にはならなかったのかなって毎日後悔しています。もう遅いかもしれませんが、また会えたらその時はちゃんと話したいなと思っています。』」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、じゃあ次行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、続いてラジオネーム『猫大好き』さんよりいただきました。」

根岸「はい。」

佐藤「『僕は犬が嫌いです。特に小型犬なんて最悪です。あんなに可愛い顔をしていても、性格が悪い奴ばっかりで腹が立ちます。例えばうちの近所の野良犬なんかがそうです。』」

根岸「あぁ、あれはねぇ……。」

佐藤「『僕が散歩をしていると、必ず僕の足下に来ておすわりをして、何か言いたげな目で見つめてきやがるんです。最初は何をして欲しいんだろうと思いながら撫でていると、だんだん尻尾を振り始めて、しまいにはゴロンゴロンと転がってきます。もう何が何だかわかんないです。可愛くないです。ほんっとに可愛くないです。』」

根岸「あぁ、あいつね。」

佐藤「はい、そうなんです。」

根岸「まあまあ、落ち着きましょうよ。」

佐藤「落ち着けるか!」

根岸「あぁ、あいつね。」

佐藤「はい、そうなんです。」

根岸「まあまあ、落ち着いてくださいよ。」

佐藤「はい、じゃあ、とりあえず読み続けますね。『そんな事をしているうちに、いつの間にか大型犬になっていました。今では中型くらいの大きさになりました。それでもまだ中型くらいの大きさですけど。』」

根岸「ふぅん。」

佐藤「『今度、飼い主と一緒に歩いていたところを見たのですが、とても幸せそうにしていました。それを見ていると、少しだけイラっとしてきました。別に羨ましいとか思ってないし、嫉妬してるわけでもないですけど、なんかムカつきました。』」

根岸「あぁ、それはちょっとわかる気がするなぁ。」

佐藤「はい、そうですか?まあ、とりあえず次のコーナーに行きましょうか。」

根岸「そうですね。」

佐藤「はい、次のコーナーはこちらです。『佐藤くんの今日の一言』のコーナーです。」

根岸「ほほう。」

佐藤「このコーナーではリスナーさんからのメッセージを読み上げて、それに対して私が一言コメントをするコーナーです。」

根岸「ふむふむ。」

佐藤「今回募集したメッセージの中からいくつか選ばせてもらいました。それでは早速読んでいきたいと思います。えー、ラジオネーム『ぼっち』さんよりいただきました。」

根岸「ほほう。」

佐藤「『こんばんは、いつも楽しく聞かせていただいております。』」

根岸「はい、どうもこんにちは。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。